FC2ブログ
93年に単行本として出版され、97年に文庫として出版されたエッセイ。
その 『かなえられない恋のために』 が再び文庫化された。
業界ではこのことを " 二次文庫 " と呼ぶらしい。
単なる再発ならば手に入れたりしないのだが、これは大幅に改稿・加筆されているのだ。
よって、元々から好きな本でもあったので、迷わず購入した。

この本は以前、ここでも取り上げたことがあるのだが、
その際にも、同じ本を何度も読むということについては彼女と僕は同じだ…。
みたいなことを書いたくらいだから、同じ本を買うことなんてまったく変に思わない。

CIMG7713.jpg

加筆、訂正だけでなく、前回の文庫から6編が削除されてもいる。
このことから、内容はかなりの変化があるんじゃないかと思うかもしれないが、
実はそんなことは無い。
読み終えてから、前回の文庫の目次を見て、それらに気付いたくらいだし。

また、何せ彼女が31歳のときに書いたものであるからして、
読んで古臭く感じてしまうかもなぁ…なんてことも思っていたが、これまた杞憂。
今読んでもまったくおかしくない、ずっと読み続けられるエッセイだと思う。
面白い。

山本 文緒
角川グループパブリッシング
発売日:2009-02-25

新装版として、最後に付け加えられた " 46歳 " とタイトルされた扉の章。
その「作家であることに未だに慣れない」は、2008年12月に書かれたものである。
ここで " 私は結婚が大好きです " と言う彼女は、ちょっと感動的だった。
心の平穏を経験して、生まれてはじめて子供がほしいかも…と続くのだが、
ここは本当に読んでいて幸せな気分になった。

かな恋(彼女の秘書がこの本をこう呼ぶらしい)。
きっと、今後も何度もくり返し読む本になるのだろう。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/124-3ca9933c