FC2ブログ
有名な事件なので興味を持っていたし、もちろん概要は知っていた。
ただ、深く突っ込んだ知識は無かった。
事件に関するいくつかの書籍は出ているが、最近ハマッたこともあるし、
おそらく読みやすいだろうと想像し、森達也のこれを手にした。

こういう本を " 面白い " と表現するのはアレだけれど、面白かった。
元々ノンフィクションは好きだし、それが興味を持っているものだと、やはりのめり込んでしまう。
ただ、面白いのは事件そのものについての印象ではなく、
事件の内容云々よりも、それに関わる著者自身のドキュメンタリーと読めるからだ。
そこが賛否を呼ぶかもしれないが、僕は違和感なく接することができた。

当然、事件そのものに対しては、この本では物足りない。
いつか、他の著者による本も読んでみたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/132-974dc8f1