FC2ブログ
東さんがゲスト出演した朗読会を観に行った際、
この短編集に収録された一遍(「白檀」)も取り上げられていた。
それに少し引っ掛かり、その短編集が文庫化されたばかりというので入手。

死後、もし何かにとりつくことができたら…という、
これまでも何度も取り上げられていそうなテーマだけれど、
著者の視点が独特なのか、とても新鮮に読めた。

全体的に泣かせるお話ということではなく、その真逆なお話もあり、
収録作はバラエティにとんでいる。
文体も良い意味で統一されていないので、一気に読み進めることができた。

死者の目で語られているが、読んでいるとそのことを忘れてしまう瞬間もあった。
それだけリアル…というか、普通の日常がうまく描かれていたからだろうと思う。

亡くなった者が残された者へ語りかけたいことは何か…というよりも、
残された者の未来を感じさせてくれる作品…のように、今の僕は感じている。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/138-e1b8cfa6