FC2ブログ
東さんは歌人なので、次は歌集を…と思ったけれど、
このデビュー小説が気になったので、入手した。

元々は 『長崎くんの指』 というタイトルで出版されたものが、文庫化の際に改題されたようだ。

6つの短編に、あとがきを兼ねた一編が加わった構成で、
コキリコ・ピクニックランドというさびれた遊園地を舞台にした連作となっている。
連作と言っても、あくまでも舞台が提示されているだけで、それぞれは独立した話として読める。
よって、特に遊園地自体は重要では無い…と言いたいところだが、
もし、それが無かったとしたら、やはり読後の感じ方はずいぶん違っているように思う。

難しい話じゃない。
泣ける話でもない。
感動する話でもない。
楽しい話…でも、ない。

何とも掴み所の無い小説だ。
つまらないということではない。
物語の着地点というか、ゴールがハッキリしないというか、
これは僕自身の感想なのだけれど、後味が無いという感じだろうか。
こんな読後感は初めてかもしれない。

解説を東さんとも交流がある穂村弘さんという方が書いているのだが、
初めて東さんに会ったときの印象は ぽやーんとしたひと だったらしい。
まさに、これだと思った。
この小説から受けたのは、この ぽやーんとした がいちばん合っているように思う。

「アマレット」と「道ばたさん」が良かった。
特に「アマレット」の主人公であるマリアさんは魅力的なキャラクターだ。
ただ、各章に出てくる登場人物は、その全員がなかなか興味深く、
読んでいてちょっと引き込まれたりした。

さて、穂村さんが解説で東さんの歌を紹介しているのだが、これがとてもいい。
詠まれている風景のその先や、彼女の中にある想いを感じ取れるようで、とてもいい。
僕が気に入ったものをいくつか挙げておく。

  とりもどすことのできない風船をああ遠いねえと最後まで見た
  おねがいねって渡されているこの鍵をわたしは失くしてしまう気がする
  怒りつつ洗うお茶わんことごとく割れてさびしい ごめんさびしい

次はやっぱり歌集かな。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/140-174cbcdb