FC2ブログ
夏が帰ってきたと感じられた日曜日。
まだまだ明るい夕方の空を見上げていたら、
ふと、昨年に訪れた瀬戸内海の直島のことがアタマに浮かんだ。
アートに彩られた瀬戸内の島々は、きっと夏、真っ盛りだろう。

昨年の丁度今頃である7/19から10/31にかけて、瀬戸内国際芸術祭2010が開催されていた。
このイヴェント開催とは関係なく、以前から直島へ行ってみたかった僕は、
芸術祭が終了する直前に、念願だったその場所へ行くことができた。
旅を計画した時点で芸術祭云々はアタマに無かったが、今となっては、
訪れたのは直島だけだったとは言え、芸術祭期間中に行けた事は良かったと思う。
ピークを過ぎていたとはいえ、かなりの混雑だったことも、今は良い思い出だ。

ということで、今、この本を引っ張り出してページをめくっている。

これは今年の春に出版された、瀬戸内国際芸術祭の全記録集だ。
表紙はプログレッシヴ・ロックのレコード・ジャケット…まるでヒプノシスの世界のようだ。
このままピンク・フロイドのアルバムに使われてもおかしくないのではないか。
でも、これは実際のアート作品なのである。
瀬戸内に行けば、このような景色を実際に観ることができたのである。

この記録集は、もちろん解説なども読み応えもあるが、とにかく多くの写真が楽しい。
直島のページは旅の思い出がよみがえるし、その他の島は訪ねたくなるのはもちろん、
実際にその場にいるような感覚になったりもする。

CIMG9636.jpg CIMG9637.jpg CIMG9639.jpg

1日かけて廻った直島。
こういった旅の楽しみのひとつは、その日だけの友達ができることだ。
目的は一緒だし、島では時間に沿って動くので、同じ場所に同じ人が集うことが多くなる。
当然、何人かと顔なじみになるので、
作品を観るため列に並んでいる最中で、
次の場所へ移動するバスを待つバス停のベンチで…など、
自然と話をするようになる。
観たばかりの作品の感想はもちろん、
他の美術館などのアート作品の情報交換など、とても楽しかった。

いつか再び瀬戸内の島を訪ね、時間を贅沢に使って廻ってみたい。
直島はもちろん、豊島、犬島、女木島…。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/141-730a3da8