FC2ブログ
ドラマ化もされている一条ゆかりの代表作のようだが、実は今回はじめて読んだ。

ファッション・モデルとデザイナーという言葉から連想される華やかさ。
そんな華やかさとはまったく反比例したストーリー。
これこそ少女マンガの王道のひとつといった、ヘヴィでドロドロした世界が描かれる。
しかも、これでもかというジェットコースター並みの展開が、
更にストーリーの暗さと重さを加速させるので、一気に読める。

物語の先が簡単に読めてしまうし、
出てくる男たちが、そのルックスからして現実の世界には絶対にいない(笑)のだけれど、
これは間違いなく傑作のひとつだと思う。

今ではマンガの面白さを存分に味わえる作品だと思うけれど、
これを僕が10代で読んだとしたら、どうだっただろう(笑)。

ところで、この 『デザイナー』 を読んだこととは関係なく、
以前にここでも取り上げたこの本を読み返したら、一条ゆかりが載っていた。
こんなちょっとした偶然に驚いた。
あらためて彼女の章を読んでみたが、作者本人もなかなか凄い人である。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/143-3e2ca3b8