FC2ブログ
「吉祥天女」がマイ・ベスト1のマンガだし、そりゃぁ「BANANA FISH」はのめり込んだし、
「ラヴァーズ・キス」もその他の作品も、ほとんど読んでいる吉田秋生。
しかし、この作品を書店で見つけた時は、すでに三巻まで発売されていた…。
好きな作家に限ってチェックをしないのが僕の特徴である。

さて、この「イヴの眠り」は「YASHA」の続編だ。
登場人物も、「YASHA」で生き残ったキャラは全員登場している(と思う)。
静と凛と共に「YASHA」での重要なキャラだったケン・クロサキとルー・メイ。
その娘であるアリサが主人公なのが「イヴの眠り」だ。しかし、アリサの本当の父は静なのだ。
よって、例の特別な能力はアリサにも遺伝しており、そこから物語りは発展していく…。

「BANANA FISH」と比べて、僕には消化不良ぎみだった「YASHA」であるので、
そんなに期待しないで読み始めたのだが、案の定、あっという間に引き込まれてしまった。
この人の作品は、すべてこうである。

まだ現在進行の作品なので、今後が楽しみである。
「YASHA」はコミックスにして全12巻だった。「BANANA FISH」は19巻である。
これも長編になりそうな予感だが、余裕を持ったストーリー展開で進むことを祈る。


吉田 秋生 / 小学館(2004/01/26)
Amazonランキング:61521位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://blue1981.blog16.fc2.com/tb.php/16-e8c03ae2